LINEで浮気がバレない方法|今すぐやるべき7つの裏技まとめ

line-technique

6割以上の既婚女性が夫のスマホを見ているという調査結果があります。

不倫や浮気をしている人、セフレが複数いる人など、スマホの中身を見られて困る人は大勢いますが、LINEを使う人が増えている今、LINEのセキュリティ対策が欠かせません。

そこで今回はLINEから浮気がバレることを最小限に減らす方法をご紹介します。

追記(2014年10月28日)

この記事の反響があまりに大きいので、ページの最後に、僕がLINEで浮気を成功させた方法と、相手に浮気を辞めさせた方法の2つを追記しました。

1.はじめに

LINEは今や中高生だけのものではなく、子供から大人まで誰もが日常的に使うコミュニケーション手段となった。セフレとのコミュニケーションにおいてももはや電話やメールではなくLINEが主役だといっても過言ではない。

そんな大変便利なLINEにも弱点がある。それがセキュリティだ。ここでいうセキュリティとはいわゆるLINEの乗っ取りなどの類ではなく、浮気がバレやすい(=浮気バレ防止をし難い)ということである。

そこで今回は、女性を口説く段階からセフレとなった後まで常に使い続けるLINEで、いかに浮気バレを防止すべきかを体験談も交えながら解説していこうと思う。

結論を言えば、100パーセント確実に浮気を隠すのは不可能だ。しかし、「スマホは見られるもの」という意識を持ち、これから紹介する注意点を押させて対策を行えばなにもしないよりは浮気がバレるリスクを大幅に減らすことができるはずだ。

2.初対面でも連絡先をあっさりゲットできるLINE

2-1.セフレを作るにはLINEが必須

もはや言うまでもなく、LINEは爆発的に普及し、子供から大人までメインのコミュニケーション手段として使われているLINE。女性をナンパし、口説き、セフレにする過程においてもLINEは必須である。

リアルのナンパであれネットナンパであれ、第一の難関が女性の連絡先をゲットすることであるのは間違いないが、連絡先といえば今ではLINEIDのことを指すといっても過言ではない。

口説きたい女性のLINEIDをゲットすべき最大の理由は、電話番号やメールアドレスと比較して圧倒的に簡単にゲットできるからだ。電話番号やメアドはリアルな友人や仕事関係者ともつながっているため現実的にはころころ変更することもできない。ましてや割り切り交際や不倫相手にメインの電話番号やメアドを教えるのに抵抗がある女性も多い。

それに比べて、LINEもリアルな友人とのコミュニケーション手段ではあるものの、いざとなったら簡単にLINEアカウントを削除して作り直すことができるため、電話番号やメアドほど抵抗がなく簡単にIDを交換してくれるのである。

近頃は女性をナンパする際に「連絡先交換しようよ」となれば「LINEでもいい?」というパターンはかなりの確立で遭遇する。もはやLINEをやらない理由がないことをご理解いただけただろうか。

2-2.セキュリティはそう高くはない

メッセージだけでなく通話も無料のLINE。LINEIDをゲットするだけで電話番号とメアドを一度にゲットするようなものだが、そんなありがたいLINEにもメリットがあればデメリットもある。

そんなデメリットの中でも我々セフレハンターに直接影響があるのがセキュリティだ。しかも、最近ニュースで話題の乗っ取りや詐欺、いじめなどの類ではなく、「浮気バレ」の危険性が高いという点である。

そもそもLINEには自分の友達や過去にやり取りしたメッセージを隠す機能はない。SNSという仕組み上、自分の友達を隠す必要はなく、迷惑なユーザーがいた場合の最低限の対処方法しか用意されていないのが現状だ。まずはここを理解しておいてほしい。

本来なら不倫や浮気など複数の女性とコミュニケーションを取る手段としては適していないわけだが、最初に紹介したように今やLINEは不可欠。LINEをやっていませんなんてことはありえないのである。ここまで読んで不安になった方も安心してほしい。この記事で、出来る限り安全にLINEを使う方法を解説していくので、何度も熟読して自分のものにしてほしい。

2-3.LINE対策を考える前に

早速LINEの浮気バレ対策を紹介する前に、スマートフォンを持つ上で当たり前ともいえる対策をおさらいしておこう。どれも常識的な範囲なので既に知っていて当然とも言える機能だが、もし一つでもやっていないことがあれば今すぐやるべきである。

まず第一に、スマートフォンの画面ロックだ。画面ロックせずに使っている無用心な人はいないと思うが、画面ロックをしないと浮気バレどころかスマートフォンの乗っ取りなどの被害に遭う危険性がある。まずは最低限のセキュリティ対策として想像されにくいパスコードを設定しておこう。

第二に、ロック画面へのLINEの通知設定だ。デフォルトの状態だと、LINEのメッセージが届いた時にロック画面にメッセージの一部が表示されてしまう。言うまでもなくロック画面は誰にでも見られてしまうので、今すぐロック画面への通知をオフに設定しよう。iPhoneの場合、設定→通知センター→LINE→ロック画面に表示をオフ、でオフに設定することができる。

二つともごく当たり前のことではあるが、浮気バレ防止の基本中の基本ということで必ず設定してから先へ読み進めてほしい。

3.最も重要な3つの機能「ブロック、非表示、削除」

ここから、LINEの最も特徴的な部分の一つ「友だちリスト」に関する機能を詳細に紹介していこう。友だちリストの使い方を一歩誤ると最悪セフレからの連絡が途絶えてしまうというミスにもつながりかねないので各機能の違いを理解するまで何度も練習してほしい。

3-1.ブロック

ブロックとは、連絡を受け取りたくない相手をシャットアウトする機能だ。セフレを作る上でそれほど使う機能ではないが、非表示、削除と比較するために解説しておこう。

自分の友だちリストからある友人をブロックすると、友だちリストからブロックリストに友人の名前が移動し、その友人からのメッセージや通話の着信を全てシャットアウトすることができる。使う場面としては、迷惑なユーザーやしつこいユーザーからの連絡を受け取りたくないというケースだ。

一方、ブロックされた側の人は、自分がブロックされていることには気付かない。今まで通り友だちリストにはブロックした友人が表示されていて、今までと同じようにメッセージや通話を発信することができる。しかし、メッセージや通話を発信してもブロックしたユーザーには届かないというだけのことなのだ。つまりブロックされ続けている限り、永遠に既読にならないということになる。

・ブロックした人(自分)

自分の友だちリストから相手の名前が消える
(ブロックリストに移動する)
相手からのメッセージや通話が一切来なくなる
トーク履歴は消すまで残る
ブロックを解除すれば今まで通り友だちリストに戻る
ブロックを解除してもブロック中に送られたトークは見れない

・ブロックされた人(相手)

自分がブロックされたかどうかは気付かない
今まで通りメッセージを送信できる
通話も発信できる
メッセージも通話も相手に届かないので「既読」にはならない

注意点は、一度ブロックした相手をブロック解除すると、された側にばれます。(ブロック中に送られたトークは解除後も未読のままだが、解除後に送られたトークは既読となるため)ブロックした相手を解除する際はこの点に注意が必要です。

3-2.非表示

非表示とは、単に友だちリストから相手の名前を見えなくするだけの機能です。奥さんや旦那さんに友だちリストを見られたくないという場合に使う手の一つですが、その他→設定→友だち→非表示リストを見れば非表示にしている友人の名前が出てくるので過信しないように。

・非表示にした人(自分)

自分の友だちリストから相手の名前が消える
(非表示リストに移動する)
今まで通りトークや音声通話が可能

・非表示にされた人(相手)

非表示にされた側は今までと何ら変わりはない
今まで通りトークや音声通話が可能

非表示を使う場面としては、友達が増えれば増えるほど友達リストが膨大になってしまうため、交流のない人などを整理するためというケースが多いだろう。

3-3.削除

削除は、上記のブロックに加え、友だち登録をやめる機能です。

ただし、相手を削除しても、ブロックや非表示と同じく、相手の友だちリストから自分が消えるわけではありません。

・削除した側(自分)

トーク履歴が残っていればそこから再度友だち登録することができる
履歴が残っていない場合は新規で友だち登録しなければ再度友だちになることはできなくなる
ブロックと同様、相手からのメッセージや通話は一切届かなくなる

・削除された側(相手)

自分が削除されたことはわからない
削除された側はブロックされた場合と同じ状態になる

連絡を取りたくない相手がいる場合削除が有効ですが、よっぽどのことがない限りブロックで十分な場合がほとんどです。

4.役立つかもしれない小技

4-1.相手の友だちリストから自分を削除する方法

上でご紹介したとおり、ブロック、非表示、削除では相手の友だちリストから自分を削除することはできません。どうしても相手の友だちリストから削除したい場合は、自分のLINEアカウントを削除する必要があります。アカウントを削除すると、全ての友だちのリストから自分が削除されます。どうしても相手の友だちリストから削除されたい場合の最後の手段として覚えておきましょう。

4-2.自分がブロックされているか確かめる方法

スタンプをプレゼントする。自分がブロックされている場合、その友だちにプレゼントを送ることができません。

4-3.ブロックされた相手にメッセージを伝える方法

自分が何らかの理由でブロックされてしまった場合、相手にメッセージを送っても届きません。どうしてもメッセージを伝えたい場合は、グループを作成→グループ名にメッセージを入力→相手を招待、の流れでメッセージを伝えることができます。

4-4.友だちリストの名前を変える方法

友だちリスト上の相手の名前は自由に変更が可能です。女性の名前を男性の名前に変えて管理することも可能。ただし、画像は変更できないので例えば女性の名前を男性に変えて隠したとしても顔写真が女性なら無意味です。

4-5.既読をつけないでトークを読む方法

機内モードをオン→トークを読む→アプリを終了→機内モードをオフでトークを読むことができます。

4-6.トーク(メッセージ、画像)を全部削除する

不倫相手や浮気相手との会話を見られることを防ぐためにはトークの削除が必須です。トーク一覧で消したいトークを右から左へスワイプすると削除することができます。但し、トークを削除しても相手のトークからは削除されません。

4-7.トーク(メッセージ、画像)の一部を削除する

トークの削除と同様に、トークの一部を削除することもできます。この場合も上記と同様に相手のトークからは削除されません。

5.おすすめの対策

以上の機能と特徴をもとに、
当ブログがおすすめする対応は、

1.セフレを非表示にする
2.トーク履歴はその都度全消去
3.残しておきたいトーク履歴はメールで送信しておく

まずセフレの名前を非表示にすることで友だちリストを見られた時に女性の名前がずらずらと並んでいるリストを見られることをまずは防ぐ。(非表示リストを開けば見られてしまうが)

次に、トーク履歴はこまめに削除する。

残しておきたいトーク履歴はまとめてメールで安全な場所に送信しておく。(トーク画面から、トーク設定→トーク履歴を送信)

以上で、万が一スマホの画面をチラ見されたり、未ロック状態のスマホを操作されたとしても最低限の防衛が可能だ。

しかし、何度も繰り返しになるが非表示にしても非表示リストに名前は残るし、これらの対策はあくまで最低限の対応だということを忘れないようにしよう。つまり、妻や彼女が浮気を疑っていて、自分のスマホを調べられたら少なくとも女性の友人がいることはバレてしまうことを意味する。最悪そうなった場合に、上記対策をしておくことで「会社の同僚」や「地元の幼馴染」という言い訳が可能となるのだ。トーク履歴が残っていたら一発アウトなのである。

それでも、浮気がばれるのをなんとしてでも防ぐ方法は、最後に紹介する方法しかない。

6.まとめ

6-1.LINEを使う以上バレる危険性があることを理解する

ここまで読んでいただいて、LINEがいかに無防備かご理解いただけただろうか。しかし一方で今やLINEなしではセフレを作ることなどできないというジレンマに陥るかもしれない。しかし、私自身、今だにLINEで浮気がバレたことはない。何かの拍子に画面を見られてしまうことはあるものだが、そうした時に焦らないよう少しでもばれるのを防ぐ方法を身につけておいてほしい。

6-2.こまめにトーク履歴を消すしかない

トーク履歴は証拠そのもの。妻や彼女に読まれれば一発で不倫や浮気の証拠となる。トーク履歴はこまめに消す。これが基本中の基本だ。

6-3.王道はスマホの複数持ち

最後に私がやっている浮気がばれない方法をご紹介。

スマホの複数持ちだ。

なーんだそんなこか、と思われるかもしれないが、究極の対策はこれに限る。私の場合、セフレ専用のスマホ端末は勤務先のカギ付きロッカーに保管してあり、自宅には基本的に持ち帰らない。既婚者や彼女がいる人でもたったこれだけのことで浮気がばれる確立がぐんと下がるはずだ。スマホを複数台持つ場合は契約や請求書の送付先など乗り越えるべき課題はあるが、どうしてもばれるのを防ぎたい場合の最後の手段として一台用意しておくと安心である。

7.【番外編】浮気を成功させる・辞めさせるには

この記事では、いかにLINEで浮気がバレやすいかを紹介してきましたが、LINEはデメリットだけではありません。

LINEはほかのどの方法よりも口説きやすいというメリットがあります。

私が今まで数々の女性を口説き落としてきた経験からも間違いありません。

まず第一に、LINEのIDは簡単にゲットできること。これについては上でご紹介してきました。(わからない方はもう一度読んでください)

第二にLINEは口説きやすいということ。

LINEは文字のみのコミュニケーションなので、口説きにくいのでは?と思われがちですが、間逆です。

女性が知らず知らずのうちに相手に気を許してしまう言葉遣いやスタンプ遣いがあるのです。


それを学んだのはこちらの女性に好かれるLINEテンプレート

このテンプレをそのまま使うだけで相手の反応がマジで変わります。(女性は簡単な生き物です)

もう一つ。相手に浮気を辞めさせた方法もご紹介。

当時、結婚していた相手が浮気しているのではないかと疑っていたとき、ふと相手のスマホのLINEを見ると、非表示リストに見慣れない男性の名前。

今まで一度もそんなことはなかったので浮気だとぴんときました。

思い返せば、友達と会うといって夜中の2時に帰ってきたりするなど怪しい行動も増えていました。


探偵を雇うと何十万円もかかるので、こちらのテキストを購入。

結局、それ以来、怪しい行動はぴたりと止みました

ご主人や奥さん、彼氏や彼女が浮気している…と気づいてしまった方は、関係を壊すのではなく、自分のところに帰ってくるようにするのが一番幸せです。

ご興味のある方は読んでみることをおすすめします。

不倫の楽しみ方

PAGE TOP