人妻を口説く方法|たった5つのテクニックで人妻セフレを作れる!

married-woman

あなたは夫や子供のいる人妻を口説くことを「難しい」と最初から決め付けていないだろうか?

そして、人妻とSEXをする、人妻をセフレにする、などということは一部の金持ちやイケメンだけができることで、自分には不可能だと思い込んでいないだろうか?

すべて間違いである。

結論を先に書くと、人妻は男性に口説かれること、男性からSEXを求められることで自分の存在価値を再認識する。

そして、それを実現する方法というのはこれから紹介するたった5つの方法しかないのだ。

●口説きたい人妻がいない人はこちらでゲットしてから読んで欲しい

1.心構え

1-1.人妻を口説くのは難しいという先入観を捨てるべし

この記事を読んでいるあなたは、「繁華街で遊んでいるチャラチャラしたギャル」と「夫や子供のいる人妻」のどちらが「尻軽」か答えられるだろうか。

答えは、「人妻」である。

「尻軽」という言葉は女性に失礼な言い方に聞こえるかもしれないが、実際問題、両者を口説いた場合、口説きやすい、落しやすいのは間違いなく「人妻」の方なのである。

言い換えるなら、若い女性、すなわちビッチだヤリマンだと世間から言われているギャルたちよりも、人妻の方が「浮気してもいいかな」と常日頃から思っている女性が多いということなのだ。

これから「人妻の口説き方」を伝授していくにあたり、まず最初に「人妻を口説く=簡単だ」という認識を持ってこれから先を読み進めてほしい。最後まで読み終わる頃にはきっとその意味がご理解いただけるはずだ。

1-2.やるべきことはたった5つ

これから人妻の口説き方を解説していく前に、実際に口説くためにあなたがやるべきたった5つのことを先に紹介しておこう。

①警戒心を解く
②心を掴む
③女を呼び覚ます
④刺激を与える
⑤最後のひと押し

人妻を口説くのに必要なことは上記の5つだけだ。これ以上でも以下でもない。

逆に、人妻を口説いて失敗する人はこの中のどれかが欠けているからだと思ってもらって間違いない。

上記5つのテクニックはこの記事の中で全て詳細に解説していくので順番に読んでいってほしい。

1-3.SEXは結果的についてくるもの

この記事を読んでいるあなたは、なぜ「人妻の口説き方」が知りたいのだろうか。

答えは、「人妻とSEXしたい」あるいは「人妻をセフレにしたい」からではないだろうか。

人妻を口説くことに成功すれば、当然のことながらSEXができるし、「体」だけの関係すなわち「セックスフレンド」を作ることができる。

しかし、セフレが欲しいからといって「セフレの作り方」をいくら考えていても永遠にセフレは作れない。

なぜなら、人妻はたとえ不倫や浮気であっても、「心」を開いた相手にしか体を許さない生き物だからだ。

すなわち、「人妻セフレの作り方」とは、言い換えれば「人妻の口説き方」そのものなのである。

つまり、人妻を口説くことができれば、SEXは自ずとついてくるものなのだ。

この章のおさらい

整理すると、人妻を口説くのは簡単だということ。

そして、口説く方法というのはたった5つ。どれか一つでも欠けていると失敗するということ。

さらに、やるべきことをきちんとやれば、結果的に人妻とSEXできるということだ。

心を許した人妻はもはやあなたのペニスなしでは満たされない体になっていることだろう。

2.人妻たちの本音を理解する

2-1.世の人妻たちは市場価値が下がっていると思い込んでいる

人妻を口説く上で最も大切なのは人妻たちの本音を理解するということだ。

世の人妻たちの多くは自分の価値に気付いていない。それどころか、年を取っていくことで若い女性と比べて女としての市場価値がどんどん下がっていると思い込んでいる

男性経験を積み、むしろ女としての魅力が増しているにも関わらず世の人妻たちが自分自身の価値が下がっていると感じる理由は、結婚し、年を取っていく中で次第に旦那や周りの男性から相手にされなくなるからだ。

しかし、本当は年を取ることで価値が下がるのではなく、誰からも女として扱われない=自分の価値が下がっている、と錯覚しているというだけなのである。

2-2.自虐的に振る舞っていても心は乙女

人妻たちの多くは自虐的なことが多い。上でも書いたが、人妻たち自身が自分は女としての価値がないと錯覚しているので、「もうおばさんだから」ともはやネタのように自ら壁をつくってしまっているのだ。

しかし、人妻といっても中身は乙女。かわいいと褒められれば単純に舞い上がり、男性に優しくされればキュンとくる普通の乙女なのだ。

特に、普段から弱みを見せないサバサバしたコンサバタイプの人妻こそ、本来の乙女な部分をさらけ出せずに溜め込んでしまっているケースが多い。

2-3.経済的には余裕がある

言うまでもなく、人妻は長く生きてきた分だけ社会経験が豊富で、経済的にも余裕があることがほとんどだ。

事実、不倫や浮気をする女性というのは生活が困窮している援助交際タイプは少ない

むしろ家庭生活は人並み以上という女性が多いのだ。また、平均的なサラリーマン家庭の人妻でも、自由に使える小遣いやヘソクリくらいは誰しも持っているものだ。

ただし、だからといって人妻に逆援助を期待するのは禁物。上手く甘えればホテル代をおごってもらったりお小遣いをもらえることも無いこともないが、それを目的にしていると口説くのに失敗するので金持ちの熟女に当たったらラッキー程度に考えておいたほうが無難だ。

ちなみに、口説いた後の話は後述するが、人妻というのは主婦として家計を支える経済的な一面もあるので、無理して高級レストランや高級ホテルに連れて行かなくても十分だということも理解しておいてほしい。

2-4.正直ナンパされて悪い気はしない

女性は、結婚した途端に男性が周りから一気にいなくなる。

結婚前なら「友達」として下心なく(ないように見えるだけだが)接してくれた男性たちも、結婚した途端に離れていく。

そんな状況が何年も続くと、ぶっちゃけ、ナンパされれも悪い気はしない。

むしろ「こんな私を口説いてくれる人もいるんだ」と驚きつつ素直に喜んでくれる。

もっと言えば、「素敵な人がいたら抱かれてもいい」と思っているのが人妻というものだ。

2-5.ぶっちゃけ寂しい

上に書いたように、結婚した途端、男友達や同僚が離れていく上に、家庭でも旦那に飽きられてしまい、人妻の多くは旦那というパートナーがいながらも実は孤独な存在だ。

旦那が働く真昼間からママ友たちと女子会と称して遊んでいる人妻たちも目にするが、実際は1年365日のほとんどが一人で孤独な時間を過ごしている。

世の中の主婦は、30代40代から新しい男友達ができるわけでもなく、「寂しい」という気持ちを隠し、自分の中でなにか熱いものが爆発しそうになるのを必死にこらえていることが多いのだ。

この章のおさらい

人妻の本質が理解できただろうか。

ここまでざっと人妻の本音を説明してきたが、人妻は、自分の価値や魅力に気付いていないことがほとんどで、夫や周りの男性が自分に興味を示さなくなることで自信も失い、寂しい毎日を送っている。

そして溜まったストレスは性的欲求となり、自慰行為という唯一の逃げ場へと逃れるのである。

人妻は誰しも「女として認められたい」と思っている。そのため、異性から興味をもたれたり、ナンパされるだけでも内心では天にも昇る気分になるのだ。

「寂しさ」という目に見えない部分に光を当てることこそ人妻を口説くポイントなのである。

3.「建前」を尊重して「言い訳」を与える

3-1.まずは建前を尊重すべし

3-1-1.なんだかんだで家庭が大事

結婚生活を壊してまで不倫をしたいという人妻は少ない。

意外に思われるかもしれないが、セックスレスで冷め切った夫婦であっても、結婚生活は守りたいと考えているのが人妻というものなのだ。

3-1-2.夫や子供は裏切れない

不倫している、不倫しようとしている人妻も家庭では良き妻を演じている。

そして、夫や子供はその良き妻を信じている。

浮気に走る人妻も、その夫や子供の信頼は裏切りたくないというのが本音なのだ。

間違っても家庭を捨てて再婚しようなどと考えないように。

その瞬間セフレではなくなると思ったほうがいい。

3-1-3.遊ばれて捨てられるかもという不安

抱かれてもいいかも」と思う人妻は、近づいてきた男性に対して「体だけが目的ではないか」、「遊ばれるだけ遊ばれて捨てれるのではないか」という警戒心を持っている。

その不安を払拭させなければSEXすることもセフレにすることもできないが、不安を払拭させる方法というのはこの記事で紹介する5つのテクニックを行うだけなので心配する必要はない。

3-2.不倫を正当化する言い訳を与えるべし

3-2-1.マンネリ化は旦那の責任だ!

ほとんどの人妻が夫婦の性生活はほとんどなし。マンネリ状態だ。たまにSEXしても適当な手マンですぐ挿入し、正常位かバックのどちらかしかパターンがなくただ出し入れして終わり。口臭が嫌でキスなどしない。

男には風俗があるが、女にあるのはオナニーだけだ。バイブやローターを持っている人妻ならまだいいが、買うことができない女性は電動歯ブラシをバイブ代わりに自慰行為に耽っているのも普通のことである。

女性も女性で旦那とのSEXはマグロ状態。もはや男としての魅力を感じないのでオーガズムに達することもなく、SEXの最中は理想の相手とのSEXを妄想している。

不倫相手やセフレとのセックスで清楚な人妻がキメセクさながらに狂ったように豹変するのはこの反動が影響しているといえるだろう。

3-2-2.家政婦化は旦那の責任だ!

夜の生活がないだけならまだしも、もはや旦那は女としてすら見てくれなくなり、ただの家政婦や同居人のような扱いとなっている人妻も多い。

家事をする人=妻、エッチする人=セフレ、と割り切っている夫も多いと言われている。

3-2-3.社会的孤立化は旦那の責任だ!

上でも触れたが、女性は結婚すると周りの男性から相手にされなくなる。

周りの男性は気をつかっているだけなのだが、飲み会に誘われないのはもちろん、メールや電話などの個人的な連絡や、二人きりになる状況すら誰も作ってくれなくなる。

これが「自分は女としての価値がない」と思わせてしまっている原因でもあるのだ。

しかし浮気する人妻というのはこれらの状況を決して周りの男性のせいにはしない。

浮気の原因はあくまでも自分の旦那にある、というのが浮気する女性に共通する考え方で、常にストレスの対象は旦那に向けられることになるのである。

この章のおさらい

実践テクニックの項で詳細を書くが、家庭は壊したくない、夫や子供の信用は裏切れない、遊ばれて捨てられるかも、という女性の本音や建前に共感することが第一。

その上で、マンネリ化、家政婦化、社会的孤立化した現状を打破するためにちょっとだけ背中を押してあげるというスタンスで臨むのが効果的だ。

たったこれだけで人妻は「浮気スイッチ」が入る。

4.人妻を口説く心構え

4-1.相手の都合を優先すること

独身女性と違い、人妻を口説くときには注意点がいくつかある。

まず、最初は相手の都合を優先させること。

既婚者である人妻はそれだけでリスクを背負っている。メールを送信するタイミング一つひとつに相手の都合を配慮しなければ、「ばれるかも」「自分には無理かも」と浮気へと傾いたモチベーションが下がってしまうことになりかねない。

もはや言うまでもなく、人妻をナンパしたり口説くのに適しているのは「平日の昼間」。

人妻ナンパのプライムタイムとも呼ばれるこの時間帯は、人妻をナンパしたり口説くなら絶対に外せない時間帯だ。

サラリーマンだと平日の昼間に時間を作るのは難しいかもしれないが、必然的にこの時間帯を自由に活用できる男性が有利となる。

また、メールの返信が遅くなっても絶対に文句を言ってはいけない。極端な話、1、2週間返信がなくても待ってる位の心構えでいなければ人妻と不倫なんてできないと考えよう。

仕事をしている人妻の場合は平日昼間はランチタイム以外自由な時間は作れないはずだが、セフレと化した人妻なら4、50分のランチタイムにラブホや車内でSEXするという制約つきの不倫に逆に燃え上がるものだ。

4-2.言うまでもなく人目は避けること

ストリートナンパをする際や口説いた人妻とデートする際には、自宅周辺や繁華街を避けるのは当然のこと。大型スーパーの駐車場などで待ち合わせして車で移動するという不倫の王道パターンがベストだ。

しかし、本当のことを言うと、芸能人でもないのにそこまでする必要はない。

そこまでする必要はないのだが、わざとらしいほど人目を避けてこそこそ行動することで「火遊びをしている」感を演出して逆に不倫を盛り上げるという効果がある。

女性というのは「演出」で気持ちが盛り上がる生き物だということも覚えておいてほしい。

4-3.断られたらさっと引くこと

念のために一つ忠告させていただくとすれば、ナンパや不倫を断られたらさっと身を引くこと。

押しに弱いタイプのM女もいるので強引にリードする姿勢も大事だが、本当に拒否している人妻をしつこく口説いても怪しまれるだけで絶対に心を開いてくれないので脈なしと感じたらさっと引いて次へ移ろう。

この章のおさらい

人妻の都合を優先させたり人目を避けるというのは、その女性の浮気がばれないように、という意味もあるが、「私の置かれた複雑な状況を理解してくれている」と感じさせることで人妻の信頼を得るというのが真の目的にある。

中途半端な気持ちで近づいてきたのではないということを印象付ければ、もはやあなたへの警戒心はなく、浮気スイッチがオンになったといっても過言ではないだろう。

5.実践!口説きのテクニック

5-1.警戒心を解く!

いよいよ実践テクニックだ。

人妻を口説く上で最初に行うべきは「警戒心を解く」こと。

既婚者であるにもかかわらず自分に近づいてくる男性に人妻は少なからず警戒心を抱く。第一段階ではまずその警戒心を取り除くことが重要だ。

例えば、狙っている人妻が街を歩く見ず知らずの女性の場合、ジーンズにTシャツに茶パツの男性から声をかけられたらどう感じるだろうか。恐らくほとんどの女性は風俗の勧誘かなにかだと思い警戒心がMAXになるだろう。

しかし、ここで注意してほしいことは、逆に髪形を整え、それなりのスーツと靴を履き、おしゃれな鞄を持てば良いかというと全くそういう問題ではない。

なぜ「警戒心」があるのかという本質を知ることが重要なのだ。

最初の方で説明した人妻の本質をここで思い出して欲しい。

大まかに分類すると、

①人妻たちは「浮気してもいいかな」「素敵な人がいれば抱かれてもいいかな」と本気で思っている。
②その一方で、「家庭は壊したくない」「夫や子供は裏切れない」というジレンマを抱えている。
③さらに、セックスレスで性的欲求が爆発しそうで毎日のように自慰行為している。

これが人妻の本質だと書いたが、間違っても③だけに目を向けて、「卑猥なメールを打てばそれだけでオマンコを濡らして自ら求めてくるのではないか」、「拒否しても強引に挿入すれば体は正直に反応するのではないか」と勘違いしてはいけない。それはレイプだ。

警戒心を解く男性というのは①と②を連想させる男性で、かつ③を全く感じさせないこと。

一言で簡単に言ってしまえば「きちんとしている人」ということなのだが、その裏にはこうした理由があるのだ。

また、「きちんとしている」「きちんとしていない」というのは、間違っても見た目のことではない。

・社会的な常識のある人間か
・家庭を壊すようなことはしないか
・やるだけやって捨てるようなことはしないか

という人妻が抱く当たり前の不安要素をただ払拭させるだけでいいのである。

第一段階の具体的なフローは以下の通りとなる。

(見ず知らずの人妻を口説く場合でも、知り合いの人妻を口説く場合でも基本的には同じ)

あなたに一目ぼれをした/前から気になっていた
(ずばっとストレートに、かつ誠実キャラをアピール)

あなたとお茶したい/もっと話がしたい
(いけないと分かっているが勇気を振り絞って口説いてますアピール)

ご迷惑なら忘れてください
(迷惑なら私は二度と現れませんアピール)

上記3ステップは時間にして10秒程度のことだが、ナンパを予測していない人妻にいきなりこの3ステップを踏むことで、
女性の頭の中では

この人ならお茶くらいしてもいいかな、悪い人じゃなさそうだし

という感情が芽生えると同時に

断ったら二度とナンパされないかも。実際10年ぶりだし。

という葛藤が生まれる。

これが第一段階「警戒心を解く」テクニックだ。

最も重要なのが最後の「ご迷惑なら忘れてください」。

誠実な男性が勇気を振り絞って人妻を誘ってみたものの、やはりいけないことだと気付いて引く姿勢を見せることで、「お茶だけなら浮気じゃないしいいかな」と内心揺らいでいる女性は「だめじゃないから諦めないで!」「浮気する言い訳を与えて!」という立場逆転の心理状態になっている。

お気づきの方もいるかもしれないが、この状態にもっていけばもう7割以上は口説き落としたと判断しても間違いない。

その後は、人妻とメアド交換をして、メールのやり取りをし、後日再会するという流れが鉄則。間違っても「早速今からホテル行きませんか」などと焦ってはいけない。

5-2.理解→同情→慰めの3ステップで心を掴む!

人妻のメアドをゲットしたら、ここからが口説きの本番だ。

会ってお茶する場合であれ、メールのみで会話する場合であれ、薄れた警戒心を消し去り、相手の心を掴むのがこの第二段階となる。

そこで重要な流れが、

①理解→②同情→③慰めの3ステップ

という心を掴むテクニックだ。

簡単に説明すると以下のようになる。

「①理解」→人妻は自分に価値がないと思っている、一方チャンスがあれば抱かれたい、でも家庭は壊せない

「②同情」→SEXの対象として見られず家庭では家政婦状態で虚しい毎日、アソコは何年も枯れた状態

まずはひたすら話を聞いて理解してあげる。

そして同情してあげる。

その上で、

「③慰め」→魅力や価値を再認識させる

人妻の話に耳を傾け、慰めつつも、ネガティブな思い込みをはっきりと否定し、女としての価値を再認識させるのである。

この第二段階には時間をたっぷりかけるように。十分に時間をかけることで警戒心はなくなり、気付けばあなたは「誰よりも本音を話せる相手」となっているはずだ。

5-3.常に女として接する!

「常に女として接する」というのは単体のテクニックというよりも人妻を口説く上で最初から最後まで必要な心がけだ。

もっと言えば、人妻がセフレになった後も手を抜いてはいけないので忘れないようにしてほしい。

人妻は何十年も前に恋が終わっている。手を絡ませてデートしたり、見つめ合ってキスをするなど遠い昔の思い出だ。そんな淡い恋愛体験を思い出させるかのように、女性として丁寧に扱う必要がある。

ここで注意すべきポイントして、「重い荷物を持ってあげる」「ドアを開けてあげる」というのはここでは全くあてはまらない。

一番効果的な方法はなにか。

じっと見つめる

これだけ。

じっと見つめるといっても、1分も2分も見つめていたら気持ち悪い男なので、ほんの2、3秒で十分。普通、人と会話するときに相手を見るよりもちょっとだけ長く見つめるというニュアンスだ。

立ち話をしている時、カフェでお茶している時、車内にいる時などに、目、唇、指先、胸元など、女性自身をきちんと正面から見てあげるだけでいいのだ。(※視姦とは混同しないように)

たったこれだけの行動で、女性は「ハッ」とする。

普段、何年も見つめられる機会がなく、化粧やスキンケアにも手を抜きがちな人妻は、ドキドキを通り越して恥ずかしさや緊張感すら感じるだろう。

これが「女」を思い出させるトリガーとなるのだ。

繰り返すが、荷物を持つ必要もない。

ボディタッチする必要もない。

「ほんの少し長め」に見つめられるだけで、女性はその視線を子宮の奥で感じ取り、押さえ切れない熱いものがうずうずしているはずだ。

嘘だと思うかもしれないが、人によってはこれだけで落ちる女性もいるので間違いない。

5-4.平凡な生活にスパイスを与える!

ここまでいかに女性の警戒心を解くか、誠実さをアピールするかを述べてきたが、人妻を落すにはそれだけでは足りない。

この段階の人妻というのは、平凡でつまらない生活の中に、見ず知らずの男性の存在が入り込み、まだ、浮気(=SEX)とまではいかないが旦那に秘密を隠して罪悪感を感じているという状況だ。

つまり理性が大きく揺らいでいる状況だと言える。

ここであなたがすべきことは、これまでと間逆で人妻に刺激を与えることだ。

「人妻の口説き方」を知りたいあなたは、既婚者の女友達が欲しくてわざわざ友達の作り方を調べているわけではないはずだ。

そう、SEXが最終目的だということを忘れてはいけない。

ここで重要な「刺激」とは、人妻に、「旦那以外の男とのSEX」が目の前にあるという認識を持ってもらうことだ。

自慰行為で妄想していたレディコミや昼ドラのようなアブノーマルな関係が、いきなり手の届くところに転がり込んできたという事実を突きつけるのである。

この方法は一番簡単。

あなたが必死に隠してきたその下心を少しちらつかせるだけでOKだ。

分かりやすく言えば、「僕なら○○さんと毎晩SEXするのに」的なニュアンスをいきなりぶち込むのである。

ここで下心を出す理由は、人妻を「試す」ためだ。あなたもやれるかやれないか分からない人妻に時間をつかうのもそろそろ限界がきていることだろう。

あなたに心を開き、男友達のように本音を話せるようになった人妻は、ここでいきなりあなたを「男」として意識するようになる。

それと同時に、浮気(SEX)しちゃうかもという現実を目の当たりにし、罪悪感と同時に「火遊び」しているドキドキ感がMAXになる。

そして、この段階で人妻は、浮気するタイプとしないタイプとにはっきりと分かれる。これが重要だ。

浮気するタイプの人妻なら、あなたにも「やれる!」とはっきりわかる反応が返ってくるが、浮気しないタイプの人妻は下心を出したとたん理性の急ブレーキが作動し「友達のままでいましょう」になるのだ。

ちなみに、「友達のままでいましょう」パターンでも心配無用。今回は省略するが、長い目で見ればまだ落すチャンスは残っているので「とりあえずキープ」しておこう。

では、エロい話に「満更でもない」反応を示したスケベな女性だったらどうするか。

実は、ここまでくれば人妻とのSEXはもう目の前だ。

狙っている人妻の「世代」に合わせて以下の最後の一押しで決めるだけとなる。

5-5.世代別に最後のひと押し!

5-5-1.20代の人妻を落す方法

ここからは狙った人妻の世代別にアプローチ方法が異なってくる。

20代で結婚した人妻は、言ってしまえばまだまだ子供に毛が生えたようなものだ。遊びたくてうずうずしている。

それもそのはず、同世代の女性たちの周りには男性が溢れ、常に口説かれ、充実したSEXライフを満喫しているからだ。

20代で結婚した人妻は自分の置かれた孤独な現実に嫌気が差している。

20代の女性がだれしも持つ「はっちゃけたい」という感情はいとも簡単に爆発させることが可能だ。

魔法の一言を紹介しよう。

みんなやってるから

20代の女性は「みんな」という言葉にとにかく弱い。

「みんなやってるから」というたった一言で股を開いてくれるはずだ。

5-5-2.30代の人妻を落す方法

30代の人妻は「エロい」。

それもそのはず、これまで説明してきた潜在的な欲求不満に加えて、男性ホルモンが増加して肉体的、科学的にも性欲が高まり、まるで一日何回抜いても収まらぬ男子高校生のように欲求が爆発寸前となっている。

正直いって30代の人妻にテクニックなど必要ない。

デートに誘ってOKなら100%SEXを期待している

つまり人妻が待ち合わせ場所に現れたらもうSEXするのみだ。

(本当にSEXするのが簡単すぎて拍子抜けするかもしない)

5-5-3.40代以上の人妻を落す方法

40代、50代、60代~の人妻を落すにはちょっとしたテクがいる。

それは「癒し」を与えることだ。

40代以上のいわゆる中高年、シニア世代の人妻に「癒し」が必要な理由は、「韓流アイドル」にハマる熟女を想像してもらえばお分かりいただけるはずだ。

一言で言えば、「王子様」を求めている。

しかし、王子様=イケメンではないので心配御無用。

ここで言う王子様の具体例を挙げると、「恋愛させてくれる」ということ。そして、恋愛にはストーリーが必要。

つまり、意外と思われるかもしれないが、40代以上の人妻が一番「デート」が不可欠で、そこで「恋愛体験をさせる」ことがポイントなのである。

このちょっとしたストーリーさえ与えてあげれば、デートの流れでラブホテルに入ろうとしても自然と足を運んでくれるはずだ。

この章のおさらい

少々長くなったが、①~⑤のテクニックのうちどれか一つでも欠けると人妻を落すことはできない。逆に言えば、人妻とSEXする方法というのはこの5つをただ順番に行うだけで良いのである。

一番最初に述べた「人妻を口説くのは簡単だ」という意味がご理解いただけただろうか。

もう一度繰り返すが、たった5つのテクニックで人妻とSEXできるのである。

6.年上女性に効く口説きのコツ

6-1.年上女性を子ども扱いしてみる

おまけに、人妻に共通して効果的な「小技」をいくつかご紹介しよう。

全ての女性に必ず効果があるというものではないが、あなたの引き出しの一つとして、知っておいても損はないはずだ。

一つ目は、「年上女性を子ども扱いしてみる」。例えば、年上の女性に「○○ちゃん」とちゃん付けしてみる、「可愛いね」や「頭ぽんぽん」で上から目線で接してみる。

人妻にはこれがおもしろいように効くので試してほしい。

6-2.母性本能をくすぐる

二つ目は、母性本能をくすぐってみる。これは簡単。甘えん坊をアピールするだけ良い。場合によっては赤ちゃんプレイに応じてくれる可能性も高い。

おっぱいに顔を埋め、乳首を入念にペロペロし、そこから全身リップで最終的にアソコへと移行し、ひたすら舐め続けよう。

「舐めるのが好きで困った子ね」と思われる位がベストだ。

6-3.経済的に甘える

相手にもよるが、人妻を落したついでに経済的にも甘えてしまおう。

コーヒー位は奢ってあげてもいいが、ホテル代は割り勘にすることで「一緒に火遊びしてる」感を出してむしろ距離が近くなる。

一部のお金持ちならお小遣いをくれるパターンもあるが、逆援は現実にはほぼ無いと考えるのが無難。せっかく築いた信頼が一瞬で吹き飛ぶので注意すべし。

この章のおさらい

ちょっとした小ネタを書かせてもらったが、要は人それぞれの性格に合わせた使い分けが大事だと言っておこう。

7.まとめ

7-1.このページを何度も読み返すべし

ここまで読んだあなたは、もう人妻を口説く方法を身につけている。

まだ自信の無い方はこの記事を何度も読み返してほしい。

必要なことはすべてこの記事の中に詰め込んだつもりだ。

7-2.やるべきことはこれだけ

繰り返しになるが、人妻を口説く方法は上で紹介した5つのみ。

このテクニックを駆使しても成功しない場合は、もう一度読み、人妻の本音や建前を理解できているかチェックしてほしい。

7-3.セックスはおまけとしてついてくる

人妻は一度落ちればいくらでもSEXできる。

旦那が出かけた数時間や、昼休み中の数十分でも呼び出せばすぐ出てきて簡単にセックスをさせてくれるようになる。

事実、朝子供を保育園に預け、ホテルで一日中セックスを楽しみ、夕方に子供を迎えに行き、スーパーで惣菜を買って帰るという主婦はごく普通の光景である。

待ち合わせ場所に現れた人妻に不意にキスしてみてほしい。

唇に触れた瞬間「あん」と喘ぎ声を出して足の力が抜けるはずだ。

もはや「全身性器」と化している証拠である。これが人妻セフレというものだ。

「SEXはおまけ」という意味がご理解いただけたのではないだろうか。

8.総まとめ

最後にこの記事の総まとめをしておこう。

人妻を口説くのに必要なこと。

それは、

寂しさ、孤独感、自信のなさ、性的欲求、トキメキ、火遊び感、恋心など、その女性が満たされていないものを見つけること

そして、

あなたがその穴をピンポイントで埋めてあげること。

たったこれだけで人妻は、「自分が必要とされている」「女として認められている」という喜びを感じ、求められるがままにSEXを受け入れ、そしてたった一度「浮気」をしてしまったらもう二度とその火遊びから抜け出せなくなる。

その人妻はもう、あなたのセックスフレンドだ。

人妻の口説き方

PAGE TOP