美人を口説く方法|成功率が4倍になるたった1つのタイミング

beautiful-woman
あなたは美人とSEXをしたことがあるだろうか。

経験者の意見を言わせてもらうと、SEXに関して言えば

美人もブスも同じ

である。

違いを挙げるとすれば、

美人とSEXしたという満足感と優越感

の違いだけである。

いきなり夢を壊してしまったかもしれないが、本稿で「美人の口説き方」をマスターしたあなたは、これから美人と出会い、口説き、SEXすることになるだろう。そして上手くいけば美人のセフレを作れるはずだ。

しかし、相手が美人だからといって過度な期待は禁物だ。

結論を言ってしまえば、相手が美人だからといって女性の口説き方が変わるわけではない。もっと言えば、SEXする前は美人でもすっぴんになった途端ホ○コン似に気付く女性やマンコがあり得ないほど臭い女性もいる。つまり脱がしてしまえば美人かブスかは関係なくなるということだ。

しかし、それだけでは本稿が終了してしまうのでちょっとしたコツをご紹介しよう。

美人を口説く手順というのはたったの2つしかない。

結論を先に教えれば、アピールして→引く。一言で言えばこれだけだ。

しかし、美人を口説いて成功したことがない人が、あえて理解しておかなければならないポイントは、美人女性の本音を理解した上で、ちょっとしたコツをマスターして口説いてあげること。たったこれだけのことで成功率は格段に上がるのだ。

そのコツについては本稿で詳しく説明するので最後まで熟読してほしい。

1.はじめに

1-1.高嶺の花という先入観にとらわれないこと

「美人の口説き方」を知りたいあなたは、美人=高嶺の花だと最初から決め付けてはいないだろうか。美人もブスも同じだと前書に書いたように、美人もブスも基本的には口説き方というものは変わらない。

違いがあるとすれば、美人女性は自分が美人であることを理解しているが故に口説き方がちょっとだけ小難しいというだけの話なのである。

今は「美人を口説くのは難しい」「自分に出来るはずがない」「自分に自信がない」と思っている男性も安心してほしい。美人とてただの女。あなたにも口説けるということを本稿で説明していくので最後まで読んでみてほしい。

最初に書いた通り、本当に「アピールして引く」だけで美人は口説けるのだから。

1-2.本当のライバルは意外と少ない

美人女性は言うまでもなく「モテる」。当たり前のことではあるが、男という生き物は可愛い女性がいれば口説きたい、エッチしたいと思うのが自然なことだからである。

結果として、美人や可愛い女性というのは常に周りの男性からチヤホヤされ続けてきたといえるわけだ。

しかし、ここで勘違いしてほしくないのは、

美女の周りにいる男たち=あなたのライバル

という図式ではないということだ。

どういうことなのか説明すると、美人女性と仲良くなりたいとチヤホヤする男性は多いが、皆がその女性を口説いているわけではないということだ。

もちろん下心(エッチできればラッキー)が無いといったら嘘になるが、本気で口説いている男性など皆無だという事実をまず知っておいてほしい。

可愛い女性、美人女性が常にモテモテなのに口説かれていないなんて信じられないかもしれないが、次の項ではまずそのあたりの女性の心理から解説していこう。

美人の心理・本音を理解することは、すなわち美人の口説き方を7割理解したと言っても過言ではないほど重要なものなのでメモを取りながらついてきてほしい。

2.美人の本音を理解する

2-1.自分が可愛いことを知っている

美人女性は自分が美人だということを知っている。可愛い女性は自分が可愛いということを知っている。

これは100%と断言できる事実だ。

もちろん、本人に「美人だね」「可愛いね」といっても多くの女性が否定するだろう。しかしそれは自分が美人や可愛いことを理解していないのではなく、ただ単純に「謙遜」しているだけなのだ。

大人の女性はほぼ間違いなく謙遜しているが、心の中では自分自身が他の女性より「上」だということを理解しているとまず心に留めておこう。

2-2.恋愛経験が少ない、恋愛下手が多い

美人に限って恋愛経験が少ない

言い寄ってくる男性は美人でない普通の女性と比べて圧倒的に多いはずなのに、恋愛経験が少ない理由は、「恋愛に苦労していない」というケースが圧倒的に多い。

誤解を恐れずに言えば、普通の女性、美人でない女性たちというのは恋愛に必死だ。自分からいかなければイイ男を振り向かせることはできないし、付き合うこともできない。

しかし美人ならなにもしなくても勝手に男性が近づいてきてくれるので、来たものの中から選択するだけで良いのである。

一見うらやましいように感じるかもしれないが、実際のところ、来る者というのはたいした男がいないケースがほとんど。本当にイイ男との出会いや必死に恋愛した経験がないことで、圧倒的に「恋愛下手」が多くなる原因となっている。

また、美人に限って「遊び人に騙されやすい女」「勘違いしたイタい女」が多いのもこうした「恋愛下手」からくる弊害とも言えるのだ。

2-3.愛された経験が少ない

ひとつ上の項とも共通するが、ただでさえ恋愛経験が少ない上に、数少ない恋愛の中で本気の大恋愛をした経験がある女性は少なく、愛された経験の少ない女性が多いのも押さえておきたい特徴だ。

近づいてくる男性のほとんどが「俺は美人と付き合っている」というアクセサリー感覚で見せびらかしたいという自己満足的な男性が多いのも事実だ。

その結果、次の「男性不信」に繋がるのである。

2-4.男性不信

美人や可愛い女の子というのは、これまで数々の男に遊ばれてきた。

美人と付き合ってることを見せびらかしたい、自慢したいだけの男や、モデルのような美人とエッチしたいだけの体目的の男などがそのほとんどだ。

こうした自分勝手な男性たちに遊ばれてきた女性は、多くの場合「男性不信」に陥っている。

また、男性不信まではいかなくとも、自分に言い寄ってくる男性に対して普通の女性よりも高い壁を築くという傾向が強くなる。

つまり、男性に対するこうした警戒感の強まりが「美人を口説くのは難しい」といわれる要因ともなっているのだ。

2-5.婚期を逃すまいと焦っている

これまで解説してきたように、美人女性というのは男性に対して一定の壁を作り、結果的に理想が高まっている。

しかし、それが「ハードルが高い」ということには直結しないので安心してほしい。

10代、20代、30代と年齢が上がるにつれ、婚期を逃すまいと焦りが高まり、むしろ「手遅れになる」前になんとしてもいい男と出会って結ばれたいと考えているだ。

決して出会いや恋愛に消極的なのではないということを理解しておいてほしい。

この章のおさらい

勘の鋭い方はお気づきかもしれないが、
美人女性というのは、

恋愛下手

失敗

男性不信

焦り

失敗

という悪循環に陥っている。

美人女性というのは人生の成功者のように映っていたかもしれないが、こうした本音を理解してあげることで、男性に対して高い壁を作っていた女性があなたに心を許すきっかけとなり、やがて股を開くことになるのである。

3.美人に多い3つのタイプ

3-1.素っ気無いタイプ

美人女性に最も多いのが「素っ気無い」タイプだ。

美人の多くはこのタイプの女性のイメージが強いと思うが、ツンツンした素振りというのは上で解説した「防衛本能」の表れからくるものなので、口説く上で心配する必要はない。近寄りがたいオーラを出すことで自分の価値を保とうとしているだけであると押さえておこう。

むしろ、そうした態度を見せることで世の男性たちが「高嶺の花」だと勘違いしているうちに口説き落としてしまいたいところだ。

3-2.天然M女タイプ

意外と思われるかもしれないが、美人の多くはM女だ。

性的な意味でも、性格的な意味でもM気質があることが多い。

人生で今まで大切に扱われてきた経験しかないため、SEXの際に乱暴に扱われると感じてしまう女性が多いのはこのためだ。

美人に共通するポイントとして、
・イラマチオで感じる
・レイプ願望がある(※本当にレイプされたいわけではないので勘違いしないように)
・SMに興味がある
・辱められるとぞくぞくする
というのは有名な話だ。

これがエスカレートすると、
・暴言を吐かれる
・ケンカで男性に手を出される
・DVを受ける
というケースでも、別れるどころか逆にその男にハマって依存していく女性が多いのもそのためだ。

3-3.真性お嬢タイプ

一番注意しなければならないのはこの「お嬢」タイプだ。

セレブやお嬢様気取りの女性なら全く心配する必要はないが、本物のお嬢、つまりいいとこ育ちの箱入り娘の場合、プライドがめちゃくちゃ高い。

このタイプの女性は普通の美人女性と比べて「他の女よりも上」という潜在的な自意識が高いのも特徴。

セフレとの火遊びが私生活とは別世界だという認識がほかのどのタイプの女性よりも強いため、セフレ期間が長くなりどんなに心を開いたとしても一定の距離感を保たなければすぐにあなたの前から消え去るだろう。

4.美人を口説くポイント

4-1.「見た目を褒めるな」は間違い

美人を口説く方法として「美人は見た目を褒めるな」という有名な教えがある。

これは間違いだ。

上記の説が生まれた原因としては、美人は周りの人たちから散々褒められ続けてきたので、他の男性たちと同じように見た目を褒めるのではなく、内面を褒めることに徹することで口説くことに成功するという説である。

しかし実際のところ、美人女性というのは「見た目を褒められて悪い気はしない」。

なぜなら、美人というのは多かれ少なかれ美しくなるために努力とお金をかけている(つもりでいる)もので、男性から見た目を褒められることによって、「生まれもった」美しさではなく人知れず行っている「努力」を褒められるという喜びを感じるのである。

一言で言えば、ぶっちゃけ見た目を褒められて悪い気はしないということである。

但し、注意点が一つ。

見た目の美しさを思いっきりほめたら、それ以上に内面も褒めるべきだということだ。

内面を褒めるのが重要なのは言うまでもないが、外見を褒めてはいけないのではなく、まず外見を褒めるべきで、次にそれ以上に内面を褒めるというだけの話である。

では、外見を褒めて、さらに内面を褒めるというこの2段階によってどうなるかと言えば、

「自尊心を満足させる」

という一言につきる。

ちょっとした違いだが、この違いは美人を口説く上で最も大きいので何度も読み返してほしい。

4-2.○○に似ているはやめとけ

これは有名な話なので軽く解説すると、芸能人の○○に似ている、モデルの○○に似ていると言われて喜ぶ女性は少ない。

なぜなら美人であればあるほど自分のイメージや理想像というものがはっきりしている

そのイメージや理想像とかけ離れた人物の名前を挙げてしまうと、「私を理解していない」「見る目がない」と思われるのがほとんどなので、下手に名前を出さないほうが安全だ。

4-3.ステータス自慢は無意味

書くほどのことでもないが念のため。

美人女性の周りには金持ちやイケメンなど山ほどいるので、年収、車、時計、ブランド物など見栄を張っても口説く上で意味がない。

こうした分かりやすいステータスで股を開くのは援交女だけだ。

4-4.フリーの女性は成功率が4倍に

これが一番重要。

4倍という数字は私自信の経験からくる数値だ。

意外と思われるかもしれないが、美人はタイミング次第で簡単に口説ける。

先に結論を言うと、彼氏と別れた女性、つまりフリーになった女性は格段に落せる確率が高いというわけだ。

そんなの当たり前じゃないかと思われるかもしれないがそれには理由がある。

美人女性というのは「フリーが嫌い」な生き物だ。

最初に説明した通り、自分に価値があることを知っている(そう思い込んでいる)ため、彼氏がいないこと自体があり得ないことなのだ。

その結果、遊び人に遊ばれて破局すると、すぐに「もっといい男」を探すのである。

その時点で「いい男」を見極める冷静さは失っている。そこのあなたがタイミング良く現れることで口説きの成功率がぐっと高まることになるのだ。

じゃあ狙った女性が彼氏と別れるまで待たなければいけないのか!とご心配の方も安心してほしい。美人はすぐ男と別れる。あなたが知らないだけで、男と別れてすぐに別の男と付き合っているだけで、恋愛期間の短さが表に出ていないだけなのだ。

彼氏と別れたばかりの女性を逃さずキャッチするというアンテナが重要になるのだ。

5.美人を口説く手順

5-1.やりすぎなくらいはっきりアピール

最初に言っておくと、ここから先は簡単。

美人であるかないかに関わらず、女性を口説く基本中の基本を実践するだけでOKだ。

美人を口説くやり方として必要なのはたった2つのシンプルなテクニックだ。

まず第一は、「やりすぎなくらいはっきりアピール」すること。

美人であればあるほど世の男性たちから口説かれてきたものだが、だからといってさりげなくアピールしても効果は薄いので注意が必要だ。

美人に効果的なのは、常に「はっきり」アピールすること。

見た目を褒めるときもはっきりと、無い目を褒めるときもはっきりと、具体的に分かりやすくどこに惹かれたのかどこが他の女性と比べて素晴らしいのかを言葉で伝えてあげることで、「口説かれてる」と確実に認識させ、結果として「その他大勢」ではなく「私を本気で口説いている男性」としてあなたを見てくれるようになるはずだ。

5-2.そして引く、が基本

第二段階は、「引く」に徹すること。

第一段階ではっきりと口説いていることを意識させたら、次はさっと引くのがポイントだ。

猛アピールで口説いてきた男性のことを、女性は少なからず意識するようになる。

例えば、電話やメールにすぐに反応すると暇で軽い女と思われるとか、細かい意味のないようなことをいちいち意識し始める。

しかしそこで焦ってアプローチしたり、あなたが意識し過ぎると絶対に失敗するのだ。

では、美人を口説く上で「引く」とはどういうことだろうか。

ここは思い切って、その女性を忘れて他の女性を口説く位の構えがちょうどいい。思い出したように連絡を取れば、逆に相手からデートに誘われるというケースもあるほど効果的だ。

美人を口説くことがどんなに簡単かここまででご理解いただけたのではないだろうか。

簡単な流れだが、これまでの内容が一つでも欠けていると失敗するので何度でも読み返して完璧にしてから臨んでいただきたい。

完璧になったら、最後にちょっとしたアドバイスをしておこう。

6.美人を口説く注意点

6-1.周りの目を気にしている

美人というのは自分が美人であることを理解しているということは最初に書いたが、言い換えると、自分はそれなりの女なので一緒にいる男も「それなりの男」でなければならないと人目を気にしている。

この記事を読んでいる方の多くは、美人を口説く理由は「セフレ」にしたいのであって、「彼氏」になりたいわけではない人が多いと思うのでこの点は口説く上でさほど重要ではないのだが、美人女性というのはたとえ浮気や不倫であっても男性にそういうものを求めているということは理解しておいてほしい。

7.まとめ

7-1.美人にびびるな→普通の女

ここまで読んだあなたは、もう美人の口説き方を心得ていると思って間違いない。

あえて繰り返すと、美人もブスも同じ女だということ。そして、口説き方というも普通の女と変える必要はない。

タイミングを見計らい、はっきりとアピールしたらさっと引く。これだけで美人は口説けるのだ。

7-2.経験者からのアドバイス

最後に経験者として実体験を元に付け加えるとすれば、最初の方で解説した「フリーの女を逃すな」というのが口説く上で一番重要な部分であるといえる。

あなたは、口説きたい美人女性が会社の同僚なのか、街でナンパした女性なのか、友達の友達なのかは人それぞれだが、美人はフリーの時に落しやすいという絶対的なタイミングを逃さないよう、常にアンテナを張ることが重要だ。

手当たり次第に口説くよりも、フリーの女性一人にアタックするほうが驚くほど良い結果になることを最後に付け加えておこう。

人妻の口説き方

PAGE TOP